北びわこ水産

琵琶湖の宝石ビワマスや鮒寿司など滋賀県の郷土食を安心・安全に全国へお届けします

  1. ホーム>
  2. いちば食育隊

食文化貢献 いちば食育隊

いちば食育隊

食育とは食を通し生きる力を育む
平成17年6月に公布された「食育基本法」では「生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの」 とし、食育とは「様々な経験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる」 ことであるとしています。
食の重要性
食育は子どもだけでなく老若男女、全ての人たちに通ずるもので生活習慣病・マナー・食の文化など様々な問題の根底には食が関係していると考えられます。生涯に渡って付き合う「食」を改めて見直してみてはいかがでしょうか。

当社は、滋賀県長浜市という地方都市にあり、17万市民皆様の台所をお預かりして、日々水産卸業務に務めております。又地域の人々の「成長」「健康」「嗜好」「 文化」に食を通じて貢献したいと思っております。
当地は、豊臣秀吉が羽柴秀吉と名乗っていた時代から、商業、農業都市として新進気鋭の精神が育まれ、その精神は今に至っても受け継がれております。
琵琶湖という日本最大の湖を持ち、恵まれた自然環境の中から多くの「食文化」が生まれ育ち、そして今日まで引き継がれてきました。
当社も湖国の豊な食文化の承継に貢献したいと思っております。
魚の普及活動を
魚離れと言われながら、その間魚を扱う者として魚離れを食い止める努力をして来ただろうか、
ただ傍観していただけではないだろうか。
そんな単純な反省から、それでは少しでも魚に親しんでもらい魚料理を家庭で食べて頂くように
魚の普及活動を始めようと思いいちば食育隊を立ち上げました。

いちば食育隊の活動方針

  1. 子供たちに魚の美味しさを知ってもらいたい。
  2. 子供たちが大きくなった時きっと子供のころ食べたあの味を思い出してくれるだろう。という思い。
  3. 若い世代の主婦の方に、家庭での魚料理を継承して頂くために、魚料理をもっと楽しんでもらいたい。

子供たちに魚の美味しさをを知ってもらうために、「魚の食べ方出前講座」と銘打って、長浜・米原市内の小学校に呼びかけ、ご要望を頂いた小学校の授業の一環として、「魚の栄養素について」「魚に関するクイズ」、鯵の塩焼き(姿のまま)の食べ方についての授業を小学校高学年の児童を対象に行っています。
当初子供達は魚嫌いではないかと不安一杯のスタートでしたが、意外や意外、みんな嬉々として美味しくきれいに食べてくれました。よかった。よかった。

活動実施

お問合せはこちら

ページのトップへ戻る